株式会社プライズ

SDGsへの取り組み
SUSTAINABILITY

持続可能な開発目標(SDGs)とは

持続可能な開発目標(SDGs)とは、2001年に策定されたミレニアム開発目標(MDGs)の後継として、2015年9月の国連サミットで採択された「持続可能な開発のための2030アジェンダ」にて記載された2030年までに持続可能よりよい世界を目指す国際目標す。17のゴール・169のターゲットから構成され、地球上の「誰一人取り残さない(leave no one behind)」ことを誓っています。

貧困をなくそう

1.発展途上国の支援

発展途上国であるパプアニューギニアから、グリーンビーンズを直輸入し、コーヒー農園の労働者の生活や労働環境安定に貢献しております。
他に現地の「手提げ袋」「バッグ」等を買い取り、販売する取り組みもおこなっております。

すべての人に健康と福祉を

3.安心安全のこだわり食材

「高知県四万十市大屋敷」の「山間部」「里山」では、有機野菜、減農薬栽培を意識して農産物を生産しています。WANTOK越谷レイクタウン店で製造している無添加食パンは「宮城県産、夏黄金100%使用」「卵、はちみつ未使用」のため、子供から大人まで幅広く安心して召し上がることができます。

質の高い教育をみんなに

4.充実した研修と教育

現場に就く前に、研修センターでの研修を受け、十分な技術訓練を行い、専門的な技術を身に着ける事ができます。初心者はもちろんのこと、就業後でも研修サポートを受ける事ができます。

ジェンダー平等を実現しよう

5.男女平等の権利

性別での差別なく、それぞれに意思決定の権利が与えられています。男女共に育休制度があるため、育児との両立が可能です。女性にもリーダーシップの機会を確保し、男女平等に昇進するチャンスがあります。

働きがいも経済成長も

8.仕事のやりがいと経済成長

人材紹介・人材派遣では、その人と仕事のミスマッチを防ぎ、当人が働きがいを感じる仕事を提案しております。四万十しずく生産組合やパプアニューギニアのコーヒー農園では、常に生産から出荷、消費までのサイクルを止めることなく、経済成長に寄与しております。

住み続けられるまちづくりを

11.地域と良好な関係の構築

地域の方と親睦を深めて、交流関係を構築して、よりよい住みやすい街にしていきます。

つくる責任つかう責任

12.持続可能な生産と消費

飲食では食材を隅々まで無駄なく調理に使うこと、水産では加工食品のセールやキャンペーン、イベント開催などで販売して売り切ることでフードロスを目指しております。

WANTOKの店舗でコーヒーを淹れた後に出るコーヒーかすを、消臭剤や虫よけとして再利用しております。

陸の豊かさを守ろう

15.陸の自然資源の保護

四万十の地域森林維持のために、有機野菜や減農薬栽培を意識して、土壌の汚染を防ぎます。自然と共存している畑や田んぼの管理を徹底して豊かな自然と恵みを維持しております。

パートナーシップで目標を達成しよう

17.公平な貿易

常に適正な価格でグリーンビーンズを輸入しております。さらには、現地の法人にて管理を徹底しております。